熊本大学附属図書館 研究者インタビュー

熊本大学学術リポジトリ 研究者インタビューのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学術リポジトリ5周年記念研究者インタビュー~教員7人に聞きました~

熊本大学附属図書館では、本学教員の研究成果を収集し、
"全世界に向けて"発信する"「熊本大学学術リポジトリ」を運用しています。
このたび、10/24-30の国際オープンアクセスウィーク期間にあわせて、本学
の教員に研究内容と学術リポジトリについて、インタビューを行いました。

研究者インタビュー記事一覧

10/24(月) 高橋隆雄先生 (社会文化科学研究科)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

10/25(火) 犬童康弘先生 (附属病院)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

10/26(水) 宇佐美しおり先生(大学院生命科学研究部保健学系)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

10/27(木) 中内哲先生(法学部)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

10/28(金) 吉田道雄先生(教育学部附属教育実践総合センター)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

10/29(土) 安仁屋勝先生(理学部)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

11/01(火) 浪平隆男先生(バイオエレクトリクス研究センター)
http://kumadairepository.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

熊本大学学術リポジトリには教員の研究成果に加えて博士論文や
旧制第五高等学校校友会誌「龍南会雑誌」の記事等も収録しています。
熊本大学の歴史を知る! 龍南会雑誌 (旧制第五高等学校校友会誌)

※「オープンアクセス」を一言でいうと?
 → 学術論文を誰でも無料で読めるようにするしくみや取り組みのことです。

参考:オープンアクセスとは - Open Access Japan

このインタビューは、九州地区の大学図書館が合同で開催する
Library Lovers'キャンペーン2011における熊本大学附属図書館独自イベントの一部です。独自イベント一覧
LibraryLovers
スポンサーサイト

テーマ:短大・大学 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumadairepository.blog.fc2.com/tb.php/14-524ef439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。